浴槽に黒い汚れ・異物(カス・粒)が出現!給湯器の劣化も疑おう!

浴槽の汚れを掃除

ある日突然、「浴槽に黒い汚れや異物(カス?粒?ゴミ?)が発生した!」というような問い合わせもあります。このような場合、「浴槽が黒く汚れていて気付くケース」と「風呂自動湯はりをすると湯船に黒い異物が浮かんできて気づくケース」があります。水質?湯垢?配管の汚れ?給湯器の部品?…考えられる原因をいくつかピックアップして解説します。

この記事はこんな人におすすめ
浴槽に出現する黒い汚れや異物の正体を知りたい、給湯器に異常が発生していないかを知りたい、黒い異物の対処方法を知りたい人など

浴槽に黒い汚れや線がついているケース

まず、お風呂で「黒い汚れ」と聞くと「黒カビ」を想像してしまいますが、黒カビであればユーザーさんも何となく察しがついているはずです。浴槽内の黒カビ汚れがヒドイ場合は、浴槽まわりはもっとカビだらけと推測できます。多くの場合は別の原因があると思われます。

1.金属石けんの可能性

金属石けんとは、身体から出る脂肪や石けんの脂肪などが、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンと反応して、黒色の汚れのようなものとして浴槽に付着することがあります。

まずは市販の浴室用中性洗剤をスポンジに付けてこすり、汚れが落ちるかを試してみましょう。洗剤が残らないようにしっかりと水で洗い流すことが重要です。

2.湯垢・水垢の可能性

  • 湯アカ…身体の皮脂、石けんなどが結びついた汚れで、浴槽に付着します
  • 水アカ…水道水に含まれるケイ酸がたまった汚れで、浴槽に付着します

湯垢・水垢も放置すると頑固な汚れになりますが、金属石けん同様、まずは市販の浴室用中性洗剤を試してみましょう。洗剤が残らないようにしっかりと水で洗い流してください。

黒い異物が浴槽に混入しているケース

浴槽の汚れ

1.浴槽の循環アダプター(金具)の可能性

循環アダプターから浴槽に出現する黒い異物の一つに「循環アダプターの仕切パッキンのゴム」が考えられます。通常では剥離する可能性は低いですが、お掃除などの際に「酸性の洗浄剤」などの影響を受けた場合は剥離して「異物」として出現する可能性も考えられます。

2.給湯器の部品劣化の可能性

湯はり・おいだき回路の部品(ポンプなど)のゴムパッキンが劣化して、湯はりやおいだき時に浴槽に混入した可能性も考えられます。水質などの影響も否定はできませんが、洗浄剤などを使用されている場合は、すすぎが十分できていなかった可能性なども考えられます。

あるいは、給湯器の長期使用(経年劣化)によるゴムパッキンの劣化なども考えられます。

3.湯垢や汚れの可能性

黒い色かどうかは微妙ですが、湯垢などが配管にこびりついていて、それらが剥がれて浴槽内に入ってきている可能性もあります。また、給湯器の種類によっては、稀に身体の湯垢が遊離して熱で炭化して異物として浴槽に混入するケースもあります。

給湯器の部品劣化が原因かどうかを確認するには?

金属石けんや湯垢などであれば掃除をすれば解決しますが、給湯器内部の部品劣化の場合は、「給湯器が大丈夫なのか?」も確認しなくてはなりません。異物の量にもよるでしょうが、多く発生している場合は、部品のゴムパッキンなどの劣化がかなり進んでいる可能性もあります。確認するには、サービスマンが分解してみないと判断できないので、修理・点検依頼が必要となります。

固形異物の場合は、掃除の際に捨てずに保管しておくことで、原因特定の材料になることもあります。使用年数が7~8年以上の場合やお掃除の際に強い酸性の洗浄剤などを使った覚えがある場合などは、一度点検の相談をしてみてはいかがでしょうか。「いきなり修理や点検はちょっと…」という方は、給湯器の機種によって構造や使用している部品も違うので、まずは電話相談で同じような事例がないかを確認してみるのも一つです。