ガス給湯器のエラーコード「 321 」の原因と対処ポイント

321|ガス給湯器 エラーコード




 ポイント


  1. 給湯器のリモコンに「321」が表示するとお湯が出ない
  2. 各メーカーの原因(症状)は少し異なる
  3. エラー321を解除して、お湯が使えるようにする手順をご紹介

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 321とは?

ノーリツのエラー 321

  • 症状・内容:給湯出湯サーミスタ異常
  • 診断・対処:サーミスタの断線・短絡・コネクタなどの確認

リンナイのエラー 321

  • 症状・内容:出湯サーミスタ異常
  • 診断・対処:サーミスタの短絡や断線などの確認

パロマのエラー 321

  • 症状・内容:給湯内胴サーミスタ断線
  • 診断・対処:サーミスタの断線や短絡などの確認

パーパスのエラー 321

  • 症状・内容:入水温サーミスタの断線や短絡
  • 診断・対処:修理依頼

各メーカー共通して言えるのは、利用者での対応は難しく、サービスマンによる診断が必要となります。
ですが、その前に確認できることがひとつあります。

給湯器のエラー321をリセットしてみる

給湯器のリモコンで一度リセット操作を行ってみてください。
手順はとても簡単です。

  1. お湯を全て止める
  2. リモコンの運転スイッチを「切」にして液晶画面を消す
  3. 再び、運転スイッチを「入」にして液晶を表示させる
  4. 液晶からエラーコードが消えていれば、再度お湯を出してみる

お湯を出してみて「321」がまた発生したら、部品故障や断線などの可能性が高くなります。
お湯を出しても「321」が出なければ、一時的なシステムエラーか配線やコネクタの接触不良なども考えられます。

サーミスタはお湯の温度を正しくコントロールするために欠かせない部品ですので、まずはメーカーなどに相談してみるほうがよいかもしれません。
使用年数が8~10年近い場合は、経年劣化による症状も考えられるので、機器交換を検討するのも一つの選択だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です