【エラーコード 740】給湯器の台所リモコン異常【740点滅】

給湯器 エラーコード 740

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 740とは?

給湯リモコン故障、台所リモコン通信異常

「740」のエラーコードが点滅表示した場合、ガス給湯器の台所側のリモコンに異常が生じている可能性があります。

考えられる原因としては複数あります。

  • リモコン本体の異常
  • リモコンケーブルの異常
  • 給湯器の電装ユニットの異常

パロマやパーパスの場合、個別の内容は次のとおりです。

  • パロマ:給湯リモコン故障
  • パーパス:台所リモコン通信異常
MEMO
メーカーや機種によって、エラーの有無やエラー内容が異なる場合があります。

一時的なシステムエラーの可能性もゼロとは言い切れないので、まずはリモコンのリセット操作を試してみてください。

リセット手順は次のとおりです。

給湯器のリモコンリセット

  1. 給湯器の運転を停止させる(給湯や暖房など)
  2. 台所のリモコンの運転スイッチを一度「切」にして、再度「入」にする
  3. エラーが消えているかを確認する
  4. エラーが消えていれば、運転を行ってみる(給湯や暖房など)
リモコンやケーブルなどに異常がある場合は、基本的にエラーは出続けると推測します。

MEMO
接触不良などでエラーが出たり出なかったりする可能性も考えられます。

リモコンリセットでエラーが消えなかった場合は、残された手段は1つだけです。

給湯器本体の電源コンセントを抜き差ししてみましょう。

給湯器の電源

電源コンセントの抜き差しは、パソコンで例えると強制リセット+再起動というイメージです。

一時的なシステムエラーなどの場合は、この方法で解決することもありますが、故障している場合はエラーが再発するでしょう。

注意
電源コンセントを抜くと時計などの設定が初期化されるのでご注意ください。

リセット後、エラーが全く出なくなり、お湯なども問題なく出ている場合は様子見でもよいかと思いますが、異常が隠れている場合は再発する可能性も十分あります。

特に使用年数が10年近い場合などは、エラーが消えても異常が隠れていることが多いので、メーカーなどに相談しておくことをおすすめします。

リモコン不具合の関連記事