【二択】給湯器が壊れたら「水シャワー」か「銭湯」…声は二極化の模様

お風呂,銭湯

給湯器が壊れると「お湯が出ない」という非常に困った状況になります。

過去からTwitterでユーザーさんの「給湯器」に関する声をリサーチしていますが、「急に給湯器が壊れたとき」の反応は様々です。

ですが、選択肢としては大きく2パターンありました。

  1. お湯が出ないので自宅で「水風呂」「水シャワー」生活を続けるケース
  2. 直らないものは仕方ないので、外(銭湯や実家)へ行くケース

 


夏などであれば数日は耐えれそうですが、中には冬でも「水」で我慢したというユーザーさんもいました。

私の場合は、夏なら水で我慢して、冬はさすがに銭湯を探してしまうと思います。

 

一方、今回私が気になったのは、「銭湯へ行く選択をしたユーザーさんの声」です。

私の想像の中では、

給湯器が壊れる⇒イライラする⇒銭湯へ行く⇒余計な出費となる⇒さらにイライラする

というユーザーさんがほとんどだと思っていました。

ですが、意外と諦めが早く、イライラの気持ちを切り替えて「銭湯を楽しむ」人の多さに驚きました。

様々な声を聞いている中で、給湯器が壊れてことをきっかけに「初めて銭湯を経験する人」もかなり多かったです。

中でも特に女性は、初めての銭湯を満喫して「また行きたい♪」という声がかなり目立ちました。

給湯器が壊れている状況にも関わらず、ポジティブ&ハッピーな声が多いのには正直驚きました。(もちろん給湯器へのイライラはあるとは思いますが…)

 

たしかに家でイライラしていても給湯器が直るスピードは変わらないので、気分転換に「銭湯を楽しむ」という選択肢も大切だなと感じました。

銭湯満喫の声を聞いていると、別に給湯器が壊れていなくても、たまには「大きなお風呂」「ジェットバス」「お風呂上がりの飲み物」「マッサージチェアー」など、気分転換&リラックスするのもいいかもしれません。

 

ですが、銭湯に行ったことがない人や1人暮らしの人には、ややハードルが高いと感じる人もいるようです。

私は今は東京暮らしですが、いったいどこに銭湯があるのかよくわかっていません。

緊急時にイライラしながら探すよりは、最寄りの銭湯を今からリサーチしておいて、一度行ってみるのもアリかなと思います。

そうすれば、給湯器が壊れた緊急時にも、「銭湯という保険」があれば、気持ちの切り替えも早くできそうな気がします。

 

【スーパー銭湯(参考)】

https://onsen.nifty.com/rank/summer/

1,000円以下で入浴できるところもあれば、少しいいお値段はするものの「旅行気分」を味わえそうなスーパー銭湯も多々あります。

給湯器の故障に関係なく、お近くの銭湯を探してみることで楽しみの幅が広がるかもしれません。