【冬の凍結防止】元ガス屋の給湯器アドバイザーが教える凍結対策


ガス給湯器の凍結、配管凍結は、冬場の中でも圧倒的に1月~2月にかけて急増します。

給湯器のアドバイザーとして、実際にユーザーさんに行っていた給湯器の「凍結防止」「凍結対策」などのアドバイスも、まとめて紹介していきます。

凍結破損は有償修理が基本

給湯器の修理代

給湯器や配管が「凍結」をすれば、解消されるまで「お湯が出ない」状態が続くので、なんとしても避けたいところです。

ですが、「凍結破損」が発生した場合、私たちユーザーに直結してくるのが、「修理代」と「修理完了までお湯が出ない」という、より大きなデメリットが待ち受けています。

凍結破損の場合、「メーカー保証期間内でも有償修理」となり、余計な出費が発生します。状況によって修理代は様々ですが、基本的に数万円レベルと認識しておくほうがよいでしょう。

また、被害が大きい場合、修理に時間がかかり、お湯が出ない状態も長引きます。

そして「凍結破損」するぐらいの寒い時期に、お湯が出ない生活など、イメージするだけでも寒く凍えそうになります。

だからこそ、冬場の凍結は、「凍結してからの対処」ではなく、「凍結する前の予防対策」が重要なのです。

凍結は起こる前提で事前に予防対策

冬の配管凍結

1.凍結予防ヒーター運転

給湯器にはサーミスタ―(温度計)が搭載されていて、外気温が低く、凍結リスクが出てくると、自動的に給湯器内部の「凍結予防ヒーター」が作動します。電源プラグを抜くと作動しないので、寒いときは電源プラグは抜かないようにしましょう。

2.お風呂の自動ポンプ運転

自動湯はり(おいだき機能付)タイプの場合、浴槽にお湯(残り湯でOK)を入れておけば、凍結予防運転が働き、お湯をグルグル循環させて、凍結リスクを低減してくれます。(浴槽の残り湯が、循環アダプター(金具)より5cm以上、上にある状態にしておく)

3.給湯器外の配管は保温材を巻く

凍結は、外気にさらされている(風が当たりやすい)箇所で起こりやすく、給水配管・給湯配管・給水元栓などは、給湯器のヒーターでは予防できません。

保温材を巻いたり、給湯器下の配管がむき出しの場合は、配管カバーなどを設置するだけで、リスクを低減することが可能です。

配管の保温

ノーリツ 凍結予防

配管の凍結を予防するために、給湯機器の配管に保温材を巻くなど地域に応じた配管保護の処置をお勧めいたします。
保温材が設置されていても、傷んでいないかご確認ください。傷んでいる場合は本格的な寒さを迎える前に交換をお勧めいたします。
日中も氷点下が続く地域の場合は電気ヒーターの取り付けもご検討ください。

保温材・電気ヒーターの取り付けは販売店・工事店さまへご依頼ください。

出典:冬季の凍結、積雪による給湯機器の破損・故障にご注意ください。(ノーリツ)

「市販の筒状のスポンジ(配管の長さに合わせる)」+「ビニールテープ」などでOKですが、分からない場合は、メーカーや販売店にアドバイスを求めるとよいでしょう。


お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

凍結でお湯が出ない
最新情報をチェックしよう!