【エラーコード 722】給湯器のふろ回路異常エラー【722点滅】

給湯器 エラーコード 722

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 722とは?

ふろ疑似炎検知、ふろ立消え安全装置回路異常

ノーリツやリンナイなどのガス給湯器に「722」のエラーコードが点滅表示した場合、ふろ回路の運転ができない可能性があります。

ふろ回路の点火動作(運転)をしていないのに炎を検出して、異常と判断している場合などに発生するエラーです。

ノーリツとリンナイの内容は次のとおりです。

  • ノーリツ:ふろ立消え安全装置回路異常
  • リンナイ:ふろ疑似炎検知

「722」に関しては、利用者側で対処できることはほとんどありません。

ですが、他のエラーと同様にリモコンでの「エラーリセット」を確認しておく価値はあるでしょう。

エラーリセット方法について

給湯器のリモコンリセット

リセット方法は以下の内容で非常にシンプルで簡単です。

  1. ふろの運転を停止する(給湯や暖房も停止しておく)
  2. リモコンの運転スイッチを押して一度「切」の状態にして、再度「入」の状態に戻す
  3. 「722」の表示が一時的に消えれば、ふろ運転をしてみる
仮に一時的なシステムエラーだった(故障ではなかった)場合は、「722」が再発せずに使えるかもしれませんが、異常がない可能性は低いと考えます。

再度、「722」が点滅表示する、「722」が消えない場合は点検・修理の依頼が必要です。

注意
給湯器の使用年数が10年近い場合は、経年劣化(寿命の前兆)によるエラーの可能性があります。エラーが一度出た時点でメーカーなどに相談しておくことをおすすめします。

エラーコード「722」の修理が必要な場合

給湯器 722のアドバイス

「722」のエラーは、部品故障や劣化による可能性が高いです。

詳細は給湯器の内部を診断していかなくてはわかりませんが、電装基板や部品の複数交換などが必要になった場合は修理代も高額になってきます。

例えば、電装基板の単品交換で改善する場合、少なくとも2万円以上はかかってくるでしょう。機種によっては、4万円以上の修理代になることもあります。

その理由として、電装基板は給湯器の中でも部品代が高いのが特徴です。部品代が15,000円程度の機種もあれば30,000円近くする機種もあります。

修理には電装基板などの部品代に加え、出張費と技術料も必要になってきます。

MEMO
給湯器の型式を確認しておいて、事前に部品代や概算費用を聞いておくことをおすすめします。

使用年数が10年近い場合

給湯器は10年近く使っていると、異音や湯温異常、お湯にならないなどの経年劣化のサインが出始め可能性があります。

エラーが時々出る場合も経年劣化のサインである可能性があります。

MEMO
お湯が出ていても、給湯器内部に異常が生じていたり、部品劣化が始まっていたりすることは多々あります。

「722」のエラーコードに限らず、最近給湯器の調子がおかしいかもと思い始めたら点検しておくことをおすすめします。