ふろ循環不良の可能性 給湯器のエラーコード632【ノーリツ・リンナイ】

エラー,632【ノーリツ,リンナイ】

この記事の監修専門家 : ガス器具アドバイザー 千田 哲耶
リンナイ株式会社在籍中の13年間、ガス給湯器の企画、開発、品質、製造、営業、商品教育などに携わる給湯器の専門家。商品・技術アドバイザーとして幅広い総合専門知識と経験を持つ給湯器のプロフェッショナル。

給湯器のリモコンで自動ボタンやおいだきスイッチを押した後に「632」というエラーコードが表示した場合、ふろの循環不良を起こしている可能性があります。

ここでは、ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガスなど、ガス給湯器のエラーコード「632」の詳細について解説していきます。

給湯器 リモコン エラーコード 632

エラーコード 632とは

給湯器 エラーコード 632
エラーコード 632 | ふろ循環不良、ふろ水流スイッチ異常
ふろ水流スイッチがONしない故障の可能性があります。また、浴槽のお湯が循環アダプターより下の状態で、水やお湯ではなくエアーを吸い込んでいる可能性、循環アダプターのフィルターに詰まりが発生して循環不良を起こしている可能性なども考えられます。
対象のガス給湯器メーカー・ブランド
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、長府製作所(chofu)、ハーマン、タカラスタンダード、ナショナル、ガスター(YUMEX)、日立(ハウステック)、TOTOなど
対象機種
ふろ給湯器、給湯暖房機(暖房付ふろ給湯器)など

【補足】メーカーや機種により、故障や対処の内容が異なる場合があります。

「632」の経験論と考察

エラーコード632は、部品故障の可能性もありますが、使用状況によってはセルフチェックで解決する場合もあります。

現場対応やコール対応時の事例紹介

浴槽にお水が少ない状態でおいだき運転
循環アダプタより下の状態(吸い込むお湯がない状態)で、おいだきスイッチを押してエラー発生。電話アドバイスで解決。
コール対応
循環アダプタのフィルター詰まり
フィルターの掃除をされたことがなく、湯垢などで循環するお水の量が少なくなり、エラー発生。掃除をして解決。
コール対応

また、現場事例ではありませんが、次のようなレアケースも考えられます。

1.自動湯はりで浴槽栓忘れであれば、「032エラー」が発生しますが、中途半端に栓がされていて、少しずつ水位が上昇して循環アダプタ周辺までお湯がたまるも、その後なかなか水位が上昇せずに十分な循環量にならず、632エラーが発生する可能性も否定はできない。

2.循環アダプタより上までお湯(お水)がある状態でおいだきするも、浴槽栓を開けてしまったり、しっかり栓がされていなくて水位が下降してしまった場合などに632エラーが発生する可能性も否定はできない。

この2ケースは極論ですが、エラーは予期せぬ内容で発生することもあるのが現実です。通常ではなかなか考えにくいですが、複合要因で発生するケースもあるので、使用状況の確認はとても大切です。

「エラーコード632」の考察

632エラーは032エラーほどではありませんが、部品故障の可能性だけでなく、使用状況を再度確認することをおすすめするエラーコードです。まずは、一度運転リセットをして再発するかどうかを確認してみましょう。

エラー発生時の浴槽の状態と循環アダプタの状態をチェック

「おいだきスイッチ」でお湯を熱くするときは、当然「おいだき運転」をするのですが、「自動スイッチ」でお湯はりをするときも、おいだき運転をします。なぜなら、お湯はりしている間に熱は逃げていくので、浴槽のお湯は設定温度よりぬるくなっている可能性があり、最後には必ず「おいだき」をして設定温度にした上で、湯はり運転が完了します。

その「おいだき」の際に循環アダプタより上までお湯がなければ、お湯を吸い込めないのでエラーにつながるというわけです。

まずは循環アダプタとお湯(お水)の位置関係をチェックしてみましょう。

循環アダプターとお湯(お水)の位置関係

おいだきができる状態

湯張り,おいだき,循環アダプタ

このように循環アダプタの上までお湯があれば、浴槽のお湯を吸い込んで給湯器に戻して燃焼させ、熱くなったお湯を再び浴槽に戻します。このように設定温度になるまでグルグル循環させるのです。

おいだきできない状態

循環アダプタ,湯はり

循環アダプタまでお湯(お水)が到達しないと、吸い込めるのはエアー(空気)だけになります。浴槽栓がされていなければお湯がたまることはなく、一定時間で「032エラー」になりますが、排水栓が中途半端にしまっていると、中途半端に循環金具付近まで到達する可能性もあります。その際にお湯を検知するもエアーも大量に吸い込むことで、632エラーに繋がる可能性も否定できません。

そして、お湯が循環金具より下の状態で、おいだきを押すと、循環できないためエラーになる場合もあります。

循環アダプターのフィルターの状態

お掃除については、以前、私がフィルターを掃除する際に外したものを例に紹介します。

循環アダプターの表面

循環アダプター 表

フィルターの表面の穴や側面を不要になった歯ブラシで掃除します。

循環アダプターの裏面

循環アダプタ 裏

裏面も同様に内側側面や穴を歯ブラシで掃除します。

フィルターを外した状態(浴槽)

循環アダプタと浴槽

この本体は外れませんので、浴槽にセットされた状態でお手入れしてください。動かしたり回したりしないように注意しましょう。

循環アダプターの本体側も歯ブラシや布巾で掃除します。掃除が終わればフィルターをセットして完了です。

御覧いただいたとおり、フィルターの穴は非常に細かく、掃除をしなければ次第に詰まりが発生します。掃除の必要性はフィルターにも書いていますし、取扱説明書にも記載されています。

必ず「取扱説明書」も確認してください。各メーカー、各機種に応じた注意事項やアドバイスが記載されています。
[getpost id=”304″]

循環アダプターのデザインや形状などはメーカーや機種(購入時期)によっても異なります。

 

さて、排水栓やお湯(お水)の位置確認、お掃除も終わったら、再度エラーを解除して、再発するかどうかを試してみましょう。

エラーコードの解除方法

※以下の写真は「エラーコード 032」の場合の表示例ですので、今回の場合は、「632」と表示されます。

1.まず、リモコンの液晶画面にエラーコードが表示されています。

赤枠部分:運転状態は「入」、液晶画面にエラーコードが点滅

給湯器のリモコンにエラーコードが表示点滅している

2.給運転スイッチを押して、一度リモコンの運転をOFFにします(液晶画面を消す)

赤枠部分:運転状態は「切」、液晶画面も消えてた状態になる

給湯器のリモコンの運転スイッチを切る

3.再度、運転スイッチを押して、リモコンの運転をONにする(液晶画面を表示する)

赤枠部分:運転状態は「入」、液晶画面のエラーコードが消えていればリセット完了

給湯器のリモコンのエラーを運転リセットで解除

※リモコンの種類によっては、エラーコードは3桁ではなく、2桁表示「63」の場合があります。

このリセット操作で再発しなければ、故障ではなく、使用方法やお掃除の問題だった可能性が高いです。様子を見ながらご使用可能です。

セルフチェック+運転リセットでエラーコードが解除できなかった場合

上記内容で解決しなかった場合、以下の内容などが考えられます。

1.湯はり回路部品の故障
2.ふろポンプの故障
3.新築や機器交換直後であれば、施工不良の可能性
4.電装基板の故障
5.おいだき配管の凍結の可能性

これらの可能性も含め、様々な可能性が考えられるため、ご自身でいろいろと確認するのも一つですが、メーカーのコールセンターのアドバイザーに相談しながらチェックしていくのもアリかと思います。

エラーコードの相談や修理依頼の前に

修理依頼、あるいは相談だけする場合でも、機器の型式や使用状況が不明であれば明確な回答を得るのはなかなか難しいです。最低限の内容は確認して、状況を整理しておきましょう。

1.給湯器の型式を調べる方法

[getpost id=”274″]

2.賃貸の方は損をしないために必見

[getpost id=”293″]

3.問い合わせ前の準備と問い合わせ先

ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガスなどに依頼をするなら、以下の記事も参考にしてみてください。

[getpost id=”248″]

価格優先でメーカーやガス会社以外に依頼するなら、ネットなどで修理業者比較をしてみるのも一つ方法ですが、サービスの品質と安心を求めるならメーカーやガス会社が無難でしょう。

エラーコード 632について、最後にひとこと

同じ632エラーでも、使用状況によって対処方法は変わってきます。結果的に修理が必要な場合もありますが、無駄な時間や費用を使わないためにも緊急でない場合はセルフチェックからトライすることをおすすめします。