【エラーコード 700】給湯器の電装基板・回路エラー【700点滅】

給湯器 エラーコード 700

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 700とは?

電装基板異常などのエラー

給湯器に「700」のエラーが点滅表示した場合、電装ユニットや関連回路の故障の可能性が高く、お湯が出ない状態です。

  • リンナイ:ガス比例弁回路異常、出湯・ふろ戻りサーミスタ回路異常(電装ユニット内部)
  • ノーリツ:電装基板異常
  • パーパス:電装基板異常、ガス比例弁駆動回路異常

他のエラーコードであれば、ガスメーター確認やフィルターの掃除など、自分でできるチェック項目もありますが、「700」のエラーについては、改善の期待度はかなり低いです。

【補足】東京ガス、大阪ガスブランドの場合は、各製造メーカーのエラー内容と基本的に共通です。

「700」のエラーが表示している限り、給湯器は全く作動しない状態で、お湯も出なければ暖房も使うことができません。

いずれにしても、リモコンでのリセット確認だけは試しておきましょう。方法は簡単です。

給湯器のリセット操作1

給湯器のリモコンリセット

  1. お湯や暖房など、給湯器の使用をストップする。
  2. リモコンの運転スイッチを一度「切」にする
  3. リモコンの運転スイッチを「入」にして、「700」の点滅表示が消えたことを確認する
  4. 「700」が出た時と同じ運転をする(お湯を出す、暖房をつけるなど)
これでエラーが消えれば、給湯器の使用は可能になりますが、不安要素は残ります。

「火のないところに煙は立たぬ」で、何らかの影響が生じていたことは確かなので、様子をみてください。

使用年数が長い場合は、故障や寿命の前兆である可能性もあるので、いずれにしてもメーカーに相談しておくほうがいいかもしれません。