【エラーコード163】給湯器のエラー原因と診断ポイント【163点滅】

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 163とは?

暖房配管に異常発生

給湯器の「163」エラーは、暖房機能付き給湯器で発生する可能性があり、給湯器の凍結、故障、施工不良などが考えられます。

MEMO
暖房とは床暖房や浴室暖房乾燥機などの暖房端末機器のことです。

新築や修理・点検・交換直後であれば、担当した業者に連絡をしてください。

昨日まで問題なく、急にエラーが発生した場合は、凍結するほどの外気温でないかどうかがポイントです。

給湯器の凍結の可能性がある場合は、少し様子をみてもよいかもしれません。

そして、唯一できる次の一連の操作を行ってみてください。

  1. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. 床暖房や浴室暖房乾燥機など暖房スイッチも「切」にする
  3. リモコンの運転スイッチを「入」にして、エラーが消えたことを確認
  4. 再度、暖房運転を「入」にする
この操作で「163」のエラーが出なければ様子見でよいと思います。

ここからは、「暖房配管の異常」についてもう少し具体的に解説します。

メーカー別「エラー 163」

給湯器 163の解説

ノーリツのエラー163

  • 症状・内容:暖房温度コントロール不能
  • 診断・対処:暖房配管の施工不良、暖房配管の循環不良、熱動弁の作動の確認(サービスマン対応)

リンナイのエラー163

  • 症状・内容:部分凍結異常
  • 診断・対処:暖房回路の凍結の有無を確認(サービスマン対応)

【補足】東京ガス、大阪ガスなどは、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

暖房配管で他に考えられる症状

  • 暖房配管に空気(エアー)が残っている
  • 暖房配管に漏れが生じている
  • 暖房配管が潰れている
  • 暖房配管に詰まりが生じている

部品故障の可能性

  • 電装基板の異常
  • 配線・コネクタ関係の異常

「163」のエラーは、何らかの原因で、暖房配管のお湯(水)の流れが妨げられた時に発生することがあり、給湯暖房システム全体で検証していく必要があります。

利用者側のチェックポイントのおさらいですが、確認は次の2点です。

  1. エラー発生前に業者の出入りがなかったか?
  2. リモコンの運転リセットでエラーが消えるか?

この内容で解決しない時は、これ以上できることはないので、メーカーなどに相談してみてください。