【エラーコード 700】給湯器の電装基板・回路エラー【700点滅】

給湯器 エラーコード 700




リモコンでのエラーリセットで「700」の点滅が消えなくて、まだ修理依頼に抵抗がある場合、最終手段のリセットを試してみてもよいかもしれません。

これでダメならもう打つ手はないと思います。

給湯器のリセット操作2

給湯器の本体は電源コンセントがついています。

給湯器の電源

この電源コンセントを一度抜き差しする「電電リセット」で、エラー表示は一旦リセットされます。

但し、電装基板が完全に故障している場合は、エラーが再点滅してお湯が出ないでしょう。その場合は修理依頼が必要となります。

改善されるケースで考えられるのは、単発的なシステムエラーなどの場合だけだと思います。

ですが、リモコンリセット同様、エラー700が表示していた原因は不明のままなので不安が残ります。

エラー700は相談しておくのが無難

給湯器 700エラーのアドバイス

給湯器の使用年数が2~3年など浅い場合は、リセットでエラーが消えれば様子見でよいかと思います。

ですが、電装基板の故障やエラーは経年劣化(寿命の前兆)が関係している可能性も考えられます。

使用年数が10年近い場合は、エラーが消えても、またすぐにエラーが出る可能性もあるのでメーカーに相談しておくのがよいでしょう。

電装基板の交換ともなれば、機種によっては修理代が4万円を超えるケースもあります。

エラー700の修理代は機種によって大きく異なるので、予め目安を聞いておくのも賢い選択だと思います。

そして、金額次第では修理ではなく交換を検討する判断材料にもなります。

電話で聞くのに診断料はかかりませんので、700のエラーが出たらとりあえず電話しておくのも一つの選択だと思います。


見積もりはとっておきたい!
『キンライサー』

給湯器 おすすめ業者

CMでおなじみのキンライサーは、工事実績100,000件以上で、工事後も安心の10年保証がスタンダード!ノーリツ、リンナイの正規販売代理店です。



安いプロパンガス料金に憧れるなら
『ガス屋の窓口』

プロパンガス,LPガス,ガス代,節約

既に100,000世帯がガス会社を乗り換え済!『たった30秒でお得なガス料金のお見積りをゲット!』高いプロパンガス代を安くするチャンス!