【エラーコード 661】給湯器のバイパスサーボ異常【661点滅】

給湯器 エラーコード 661

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 661とは?

バイパスサーボ異常

給湯器に「661」のエラーコードが点滅表示した場合、設定よりも高い温度のお湯が出る可能性があります。

  • ノーリツ:バイパス水量サーボ異常、バイパス水量調整弁異常
  • リンナイ:バイパスサーボ異常、熱交サーミスタの地絡
  • パーパス:ミキシング弁・バイパス弁異常

バイパスは再出湯時などに給湯器内で水を混合させて設定温度に近づける役割をしています。

この回路に異常が生じた場合、お湯の温度に影響が出る(高温になる)可能性があるので、注意が必要です。

メーカーや機種によって異なりますが、「661」のエラーが点滅表示していてもお湯が出るケースもあります。

注意
設定温度よりも高いお湯が出る場合は、使用を控えてメーカーなどに相談してください。

また、相談前に「エラーリセット+再出湯」で661のエラーが再点滅するかどうかも確認しておいてください。

エラーリセットの方法

給湯器のリモコンリセット

エラーリセットは、給湯器のリモコンで操作を行います。

  1. お湯の蛇口を全て閉める
  2. リモコンの運転スイッチを押して「切」の状態にする
  3. リモコンの運転スイッチをもう一度押して「入」の状態にする
  4. 蛇口を開けてお湯を出す
バイパス回路が完全に故障していたり、異常があれば「661」は出続けると思います。

ですが、「661」の点滅表示が出なくなった場合でも注意が必要です。

お湯の温度が正常であれば様子見でもよいと思いますが、「お湯が熱い」「湯温が安定しない」場合は、放置せずにメーカーなどに相談することをおすすめします。

お湯の温度異常と寿命について

給湯器の使用年数が5~6年以内であれば、寿命は気にすることはないと思いますが、7~10年近い場合で「お湯の温度異常」が出始めた場合は、給湯器内の部品劣化などが影響している可能性が高くなってきます。

  • エラーが時々出る
  • 湯温が安定しない(熱い・ぬるい)

このような症状も経年劣化のサインになります。

また、お湯の温度異常はエラーが出ていなくても注意が必要な項目なので、今回の「661」に限らず、使用年数によっては点検などをしておくのがよいでしょう。

経年劣化(寿命のサイン)を簡単に知りたい人は、次の記事を参考にしてみてください。

給湯器の点検と取替え時期ガス給湯器の点検と交換時期の目安について

給湯器はある日突然動かなくなることが多く、その確率は10年を越えると急激に上がっていくので、急な故障で慌てないように最低限の情報と知識を持っておいてくださいね。

給湯器の寿命や交換について詳しく知る