ガス給湯器のエラーコード「012」の原因と対処ポイント

給湯器(リモコン)のエラーコード「012」の点滅原因は、「おいだきが90分以上運転」が考えられます。

エラー「012」が発生した場合の注意点として、長時間おいだき運転が続いている可能性があるので、まずはお風呂の温度に注意をください。その上で状況確認及び、これから説明する対処をしてみてください。

給湯器「012」の基本内容

給湯器、エラー、012

【対象の給湯器】:ふろ給湯器、暖房付ふろ給湯器 (おいだき機能搭載タイプ)

ノーリツの給湯器の場合

  • 症状・内容:おいだきを連続90分以上運転
  • 診断・対処:運転スイッチを「切」「入」して、再度、おいだき運転をしてみる

サーミスタ(温度計)の故障の可能性もあり、浴槽のお湯の温度が高くなっている可能性もあるので注意が必要です。

では、給湯器内で何が起こっているのでしょうか?

エラー「012」の具体的原因と対処法

家庭用の浴槽サイズで、通常「おいだき運転が90分もかかる」ことはありません。では、なぜ90分経っても完了しないのでしょうか?

可能性は大きく2つ考えられます。

  1. 設定温度に到達しているにも関わらず、サーミスタ回路が故障していて、おいだきを続けている(高温になっている可能性)
  2. 給湯器のバーナーに異常があり、正常にお湯を温めることができていない(お湯が設定温度以下の可能性)

原因を特定していくには、まずは90分経過した浴槽の温度がどうなっているかの確認が必要です。

かなり高温になっている可能性もあるので、やけどに注意してください!

  • 設定温度より高い場合は、故障の可能性大です。
  • 設定温度で沸きあがっている場合は、リモコンを「切」「入」して、再度おいだき運転をして正常に完了するかがポイントです。

お湯の温度がおかしい、再び、エラー「 012」が出る場合は点検・修理が必要となります。メーカーに問い合わせする前に、給湯器の型式だけは控えておいてください。

使用期間が「10年近い」場合のアドバイス

給湯器 012のアドバイス

給湯器は使用10年を越えてくると、故障の発生確率も高くなり、修理代も高額になる傾向があります。また、1箇所修理してもすぐに別箇所が故障するケースも決して珍しくありません。

給湯器の交換は時間も費用もかかるので、前もってリサーチしておくことも大切です。

お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

最新情報をチェックしよう!