【エラーコード 720】給湯器の燃焼異常エラー【720点滅】

給湯器 エラーコード 720

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード「720」とは?

燃焼制御回路異常、疑似炎検出のエラー

給湯器に「720」のエラーコードが出た場合、「お湯が出ない、水になった」などの症状になっていると思います。

お湯が出ない原因としては、「燃焼関連部品の故障」が関係している可能性が高いです。

では、メーカー別の症状も確認しておきましょう。

  • ノーリツの場合:燃焼制御回路異常
  • パーパスの場合:疑似炎検出

「720」の点滅表示はリモコンリセットをすれば一時的に消えますが、お湯を出したりすると再点滅する場合がほとんどです。

ですが、一時的なシステムエラーの可能性も完全否定はできないので、とりあえずリモコンリセットは試しておきましょう。

  1. 給湯器の運転を全て停止させる
  2. リモコンの運転スイッチを押して「切」の状態にする(電源を消す)
  3. リモコンの運転スイッチを押して「入」の状態にする(電源を入れる)
  4. 「720」の点滅が消えたら、エラーが出た時と同じ操作をする(お湯を出す、暖房をつけるなど)

仮にエラーが出なければ給湯器が動き始めると思います。

ですが、再び「720」が出た場合は燃焼回路に故障や異常が生じている可能性が高く、点検や修理の依頼が必要です。

また、エラーが出なかった場合も「なぜエラーが出たのか?」と不安要素が残ります。

特に使用年数が長い場合は経年劣化のサイン(寿命の前兆)の可能性もあるので、エラーが消えてもメーカーに相談するほうがよいと考えます。

しばらく様子見される場合は、いつ壊れても慌てないように修理や交換の選択肢を準備しておいたほうがよいと思います。

給湯器の経年劣化(寿命)について