【エラーコード 430】給湯器のエラー内容と原因【430点滅】

給湯器 エラーコード 430

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 430とは?

ドレンタンク水位電極異常

430」の特徴としては、高効率給湯器のエコジョーズ特有のエラーコードになり、従来型の給湯器で発生することはありません。

ノーリツの給湯器「430」

ノーリツの場合、原因は「ドレンタンクの水位電極のコネクタ接続の点検が必要」となっています。

つまり、部品の故障の可能性もあれば、コネクタの接続不良(接触の問題)という可能性もあるということです。

ですが、利用者が給湯器内部を触るのは避けたほうがよいので、まずはリモコンリセットでエラーが再発するかを確認してみてください。

  1. 給湯器のリモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. もう一度、リモコンの運転スイッチを「入」にする
  3. エラーが出た時の運転(お湯を出す、湯はりをするなど)を試してみる
この操作で再びエラー「430」が出なければ、しばらくは様子見でよいかと思います。

MEMO
430が消えない、何度も表示される場合はメーカーに相談するほうがよいでしょう。

また、補足にはなりますが、「ドレンタンクの水位電極異常」といっても、水位電極の故障とは限りません。

  • ドレンタンクの水位電極の部品故障
  • 電装基板の異常
  • ハーネス・コネクタ類の異常
  • コネクタの接続ミス

いずれにしても利用者で対処できることはなさそうです。

現場経験でのアドバイス

先ほど説明した中に、コネクタの接続ミスなども例に挙げましたが、給湯器の他の修理や点検の直後であれば、業者による作業ミスの可能性も十分考えられます。

実際に現場状況を追及していくと、作業ミスで故障ではなかったこともあります。

「430」が発生した時は、直近で業者対応がなかったかを思い出してください。

心当たりがあればその業者へ連絡、心当たりがなければメーカーなどに相談してみてください。