循環アダプターの掃除でリスク軽減!フィルターの外し方と取付方法も解説

循環アダプターの掃除

リンナイやノーリツなど、給湯器の循環アダプター(循環金具とも呼ぶ)のフィルターは定期的なお掃除されてますか?湯垢や髪の毛などが詰まると、不衛生だけでなく給湯器に負担をかけたり、能力低下やエラーの原因に繋がることもあります。ここではフィルターの外し方や取付方法も含め、循環アダプターのお掃除についてあなたのフォローをいたします。

★この記事はこんな人におすすめ★
おいだき機能付きの給湯器を使っている、循環アダプターの掃除をしたことがない、掃除する意味を知りたい、給湯器にエラーが出ることがある、湯量や湯音が最近おかしい、金具のフィルターの外し方がわからない、正しい掃除方法が知りたい、掃除後の取り付け方がわからない、給湯器を長持ちさせたい人など

◆解説担当:給湯器アドバイザー 千田
リンナイ株式会社を経て、ガス業界・住設業界のマーケティングを行うフリーアドバイザー

それでは循環アダプターの解説開始

循環アダプター(循環金具)とは

循環アダプター(循環金具)を正しく掃除するために、まずは基礎的なことを解説します。

循環アダプターは浴槽に取り付けられている金具で、浴槽の裏から給湯器まで「おいだき配管」が2本(往き・戻り)繋がっています。役割は大きく2つあります。

1.自動湯はり…給湯器で温められたお湯が、2本の配管を通って浴槽に湯はりされます。

2.おいだき…戻り配管で給湯器に冷めたお湯を戻し、給湯器で再加熱して、往き配管で浴槽に送ります。

これらの運転の場合、ふろポンプが回ってお湯を吸い込んだり送り出したりするのですが、吸い込み口・吐き出し口の役割をしている循環アダプターが詰まっていると、給湯器の運転に影響が生じてきます。

(※循環アダプターにはおいだきではなく、高温差し湯タイプの片側通行の場合もあります)