【エラーコード 32】ガスコンロのエラー原因【32点滅】

ガスコンロ エラーコード 32

ガスコンロの魚焼きグリルを使用すると、「エラーコード 32」が表示する場合があります。

  • リンナイのガスコンロ:グリルサーミスタ回路故障、グリルサーミスタ断線検知(※グリルサーミスタ上)
  • ノーリツ(ハーマン)のガスコンロ:グリルバーナー(下)サーミスタ故障
MEMO
大阪ガスや東京ガスの場合も製造メーカーと基本的にエラー内容は同じです。

※機種によってエラー内容が異なる場合があります。

リンナイ・ノーリツの場合、グリルのサーミスタは共通していますが、詳細な部位は違ってきます。

このページでは、「エラーコード 32」の故障の可能性や対処法などをまとめます。

エラー 32の改善の可能性

エラー32の原因はグリルの「サーミスタ」ですが、サーミスタとは温度計のことです。

グリル庫内の温度が危険なゾーンになれば、サーミスタで検知します。

また、最近では「お魚のオートメニュー」で、「姿焼き・切身・干物」など、形を選ぶだけで自動で焼いてくれる機能も増えてきていますが、ここでもサーミスタが活躍しています。

MEMO
コンロは魚の形は認識できませんが、「庫内の温度の上がり方の違い」で焼き時間などを判断しています。

つまり、このサーミスタの部品や回路に異常が生じることで、安全機能と便利機能に支障が出る可能性があるということです。

経験上でも、32エラーの場合は修理になる可能性が高いと感じています。

エラー 32の対処法

1.リンナイのガスコンロ

リンナイの場合、一度エラーが出た後に再びエラーが発生した場合は次のトライをしてみてください。

  • 電源式タイプの場合:電源プラグの抜き差ししてみる
  • 乾電池式タイプの場合:新しい乾電池に交換してみる
乾電池タイプの補足
乾電池は、単1形のアルカリ乾電池(1.5V)2個が必要です。

単1の使用頻度は少ないため、自宅の買い置き分を使う時は「使用推奨期限」の確認をしてください。

乾電池は未使用でも自然放電して容量がなくなっていきます。

2.ノーリツ(ハーマン)のガスコンロ

ノーリツの場合は、メーカーが推奨する対策はありません。

32エラーが出た場合は、すぐにメーカーや業者に相談が必要となります。

ガスコンロのエラーコード 32のまとめ

使用年数は10年近くないですか?

魚焼きグリルの庫内のお手入れはされていますか?

特にグリルのお掃除を敬遠されている場合は、サーミスタに限らず「火がつかない故障」が多いと感じています。

コンロバーナーもグリルも、長く使うコツはやはりお手入れがポイントです。

【おすすめ】リンナイ公式のグリル専用お掃除スポンジ

リンナイユーザーには嬉しい「グリルの掃除グッズ」を一つご紹介。

リンナイ公式部品販売サイトのR.STYLE限定商品「グリル専用お掃除スポンジ

【価格】:486円(税込)~ 【原産国】:日本製(和歌山)

MEMO
グリル掃除のために開発されたお手入れグッズで、焼網、グリルの受け皿、グリル扉、グリルプレート、ココットなどのお掃除に最適。
注意
リンナイ製の部品以外は使用不可

ガスコンロの寿命を長くするコツは「お手入れが基本」ですので、グッズも活用しながらトライしてみてください。