ガスコンロのエラーコード30の原因と対処ポイント

30|ガスコンロ エラーコード




 ポイント


  1. ガスコンロのエラーコード「30」は故障の可能性が高い
  2. 各メーカーのエラー症状と対処ポイントをまとめた

ガスコンロには、「エラーコード 30」の番号があり、エラーの症状としては、バーナー部分や魚焼きグリルが使えなくなります。

  • ノーリツ:部品故障
  • パロマ:部品故障

ガスコンロの場合は、エラーの統一性がなく、エラーコード「30」においては、取扱説明書にも故障部位が明確に記載されていないことが多いです。

利用者側で対処できることがないので、細かく掲載していないのでしょう。

基本的には故障のエラーであるため、一時的なバグによるエラーでない限り、修理が必要になります。

エラーが消えない、あるいは再発する場合は、速やかにメーカーなどに相談することが一番の解決策といえそうです。