【エラーコード 71】ガスコンロの71エラーの原因と対処法

ガスコンロのエラーコードで悩む

ガスコンロのエラーコード71のリンナイ、ノーリツ(ハーマン)の故障内容は次のとおりです。

  • リンナイのガスコンロ】:セーフティバルブ回路故障
  • ノーリツのガスコンロ】:安全弁駆動回路異常

エラーコード71の直る可能性は?

ガスコンロを使っていて、「ピー」とエラーコード 71が出た場合は、何度点火しようとしてもエラーが再発する可能性が非常に高いです。

コンロバーナーを使用して発生するケースもあれば、魚焼きグリルを使用中に発生することもあるエラーです。

実際にエラー71が出て、「火がつかない」「エラーが消えない」とガスコンロが使えないとお困りの声も声も多いようです。


電子部品のエラーが連続して出る場合は故障の可能性も高く、点検が必要な場合が多いです。

電子部品の故障も単発的なものもあれば、経年劣化(寿命が近い)で壊れるケースもあります。

ガスコンロ利用者の声に耳を傾けてみても、実際に点検をしないと解決しないことが多い印象です。

エラーコード 71の対処法

1.リンナイのガスコンロの場合

  • 対処法(電源式の場合):電源プラグの抜き差しをしてみる。
  • 対処法(電池式の場合):乾電池を交換してみる(単1形アルカリ乾電池×2個が一般的)
MEMO
パソコンを「強制シャットダウン+再起動」させるイメージです。

これでもエラーが再発すればリンナイに相談が必要です。ガス栓を閉めて早めに電話相談してください。

また、仮にエラーが再発しなかったとしても、電子部品の劣化や配線の地絡(切れかけ)などの故障リスクが潜んでいる可能性もあり、いずれにしても相談しておくべきと考えます。

2.ノーリツ(ハーマン)のガスコンロの場合

  • 対処法:特に自分でできる内容はなく、ガス栓を閉めてメーカーへ連絡するしかなさそうです。

3.パロマのガスコンロの場合

パロマは使ったことがないので、詳細情報まで認識できていませんが、「電子部品の故障」になります。

  • 対処法:ノーリツと同様で、ガス栓を閉めてメーカーへ連絡との内容です。

ガスコンロのエラーコード 71のまとめ

ガスコンロのエラーコードでも、自分でセルフ診断や対処ができるエラーもあれば、点検を受けるしか術がないエラーもあります。

点火不良のエラーなどであれば、バーナーの掃除、ガスメーターの確認などで復活することもありますが、エラー71のように「電子部品」の故障は、何も異状なければ基本的に表示されるエラーコードではありません。

一時的なシステムエラーなどで「壊れていないのにエラー表示した可能性」も完全否定はできませんが、私の経験上でも修理の必要性が高い内容と言えるでしょう。

また、使用年数が長い場合は、電子部品の修理は高くつく可能性も十分あるので、「ガスコンロの交換」という選択肢の準備もしておいたほうがよいかもしれません。