【エラーコード 31】ガスコンロのエラー原因と対処法

ガスコンロ エラーコード 31

リンナイやノーリツ(ハーマン)などのガスコンロに「エラーコード 31」の表示が出ることがあります。

  • リンナイのガスコンロ:コンロサーミスタ回路故障、コンロサーミスタ断線検知
  • ノーリツのガスコンロ:コンロバーナーサーミスタ故障、グリルバーナー(上)サーミスタ故障

※機種によってエラー内容が異なる場合があります。

ガスコンロは各メーカーや型式(機種)で完全に統一されていません。

このページでは、エラー31の直る可能性や対処法をまとめます。

エラーコード31の直る可能性

リンナイの場合は「コンロバーナー側のサーミスタ」、ノーリツの場合は「コンロと魚焼きグリルのサーミスタ」の部品、あるいは回路に異常が出ている可能性があります。

何度試しても31エラーが出る場合は、部品故障や配線の断線が考えられます。

31エラーが出たり出なかったりする場合は、配線の地絡や腐食などが考えられます。

MEMO
点火不良のように、「電池」「ガス」「掃除」など、自分でできるセルフチェックはほとんどありません。

経験上、修理が必要となる可能性が高いと思います。

エラーコード 31の対処法

1.リンナイのガスコンロ

ガスコンロのバーナー中央にある、鍋底の温度を測定するセンサーあるいは、センサー~基板にかけて異常が生じている可能性があります。

エラー31は故障の可能性が高いエラーコードですが、リンナイの場合、修理依頼前に利用者側で確認できることがあります。

  • 電源式のガスコンロの場合…電源プラグを一度抜いて、再度差してみる。
  • 乾電池式のガスコンロの場合…乾電池を交換してみてください(単1形アルカリ乾電池×2個が一般的)

その上で、再度エラーがでるかどうか、異常が見られないかなどを確認してみてください。

注意
エラーが再発したり異常がみられる場合は、故障の可能性が高いので、ガス栓を閉めてメーカーに連絡してください。

2.ノーリツ(ハーマン)のガスコンロ

ノーリツの場合は、まずはコンロバーナー使用で31エラーが出たのか、魚焼きグリル仕様で31エラーが出たのかを把握しておいてください。

ノーリツの場合、セルフチェックの内容はないので、まずはメーカーに問い合わせて状況を伝えてアドバイスをもらいましょう。

3.パロマのガスコンロ

パロマの場合、エラーコード31は部品や電子部品の故障となっており、部品の詳細は書かれていません。

(パロマは使用経験がないので、エラーの詳細内容までは把握していません。)

ガスコンロのエラーコード 31のまとめ

使用年数が長い、吹きこぼれ・煮こぼれ頻度が高い、掃除をあまりしないガスコンロほど故障の可能性は高いといえるでしょう。

センサーそのものは壊れていなくても、中の配線に影響が生じていれば、エラーの原因になります。

内部は煮こぼれ、吹きこぼれ、虫やゴキブリなどが影響して壊れるケースも多々あります。

特にセンサーは温度を管理する重要な安全装置なので、早めに相談することをおすすめします。