ガスコンロの「02」表示はエラーコード?「02」の意味を解説

ガスコンロ 02

ガスコンロをのコンロバーナーやグリルを使用していると、「ピー」というブザーとともに「02」表示をすることがあります。

これはエラーコードなのでしょうか?それとも別のお知らせサインなのでしょうか?

メーカーや機種によって内容は異なるので、最終的にはお使いの機種の説明書の確認が必要ですが、一例を紹介します。

ガスコンロ「02」表示の詳細内容

ガスコンロ エラー 02

まず、対象になるのはエラーコードの表示対応をしたガスコンロ(ビルトインコンロ、ガステーブルコンロ)です。

リンナイのガスコンロ

  • コンロバーナー:天ぷら油過熱防止装置の作動、焦げつき自動消火機能の作動、空だき防止機能作動、炊飯ハイカット機能作動
  • 魚焼きグリル:グリル過熱防止センサー作動、ココットダッチオーブン有無判別機能作動

パロマのガスコンロ

  • コンロバーナー:天ぷら油過熱防止装置の作動、焦げつき自動消火機能の作動
  • 魚焼きグリル:グリル過熱防止機能の作動

ノーリツ(ハーマン)のガスコンロ

  • コンロバーナー:天ぷら油過熱防止装置の作動、焦げつき自動消火機能の作動
  • 魚焼きグリル:グリル過熱防止センサー作動

東京ガスや大阪ガスのガスコンロも概ね類似した内容になります。

コンロバーナー部分では、調理油の過熱、焦げつき、空だき、消し忘れによる過熱などが考えられます。

グリル部分では空焼き、連続使用、消し忘れなどにより高温を検知している可能性があります。

上記の「02」表示は、一部機種の一例ですが、概ねの内容は類似しています。

MEMO
同じメーカーでも機種によって内容が異なることもあり、ブザーの回数でも内容が異なってきます。

ガスコンロに「02」が表示した場合の対処法

ガスコンロ、02、アドバイス

「02」はエラー表示というよりは、コンロバーナーやグリル部分のセンサーが高温状態を検知して、自動で火を止める安全装置が作動した場合のお知らせサインになります。

「02」が表示している場合、再度使用する時はスイッチを戻して再点火する必要があります。但し、その際にいくつか知っておいてほしいことがあります。

注意ポイント

安全装置が働いた直後は、バーナー部分やグリル庫内が非常に高温になっている可能性があります。

  • やけどに注意
  • 高温状態なので、再点火してもすぐに消える場合がある
  • 少し時間をおいて冷ましてから再点火する必要がある

また、換気扇をまわしたり窓を開けたりするなどの配慮もしてください。