ガスファンヒーター エラーコード 14

ガスファンヒーター




2020年6月21日|最新情報更新しました

この記事の監修
竹節 倫敦(たけふし ともあつ)
専門資格:ガス機器の設置施工に必要不可欠な液化石油ガス設備士(国家資格)に加え、高圧ガス販売主任者第二種丙種ガス主任技術者の資格も保有している。

 

ガスファンヒーターに「14」が点滅表示している場合、過熱防止装置の作動が考えられます。

エラー 14の内容

エラー原因には複数の要因が考えられます。

  • エアフィルターにホコリなどが詰まっている
  • 温風の吹き出し部分が塞がっていたり、障害物などがある
  • 運転停止後、ファンが動いている(温風吹き出し口から風が出ている)段階で電源プラグを抜き差しして、再運転の操作をした
  • 約40℃以上の空気を吸い込み、この状態が10分以上続いた

また、機器の症状としては次のとおりです。

  • 暖房運転の途中で「14」が表示して停止した
  • 再度運転スイッチを「入」にしたら「14」が表示して停止した

エラー 14の対処法

「14」のエラーコードが発生した場合、まずは次の確認をしてください。

  • エアフィルターのホコリが詰まっていないか?(掃除をする)
  • 温風吹き出し口の前に障害物がないか?(設置状況を確認し、障害物を除去する)
  • 部屋の中が高温状態になっていないか(空気の入れ替えをする)

これらの確認(対処)をした上で、エラーリセット+再運転を行ってみてください。

但し、再運転をする場合は少し時間をあけて(5~6分程度)から行ってください。

  • 運転スイッチを押して、機器を「切」の状態にする
  • 運転スイッチを再度押して「入」の状態にして、「14」のエラー表示が出ないことを確認する

エラーコード「14」が再発せずに温風が出てきた場合は、しばらく様子をみるようにしましょう。

ガスファンヒーターの運転停止後でも、温風の吹き出し口から風が出ている間は電源プラグを抜かないように注意してください。

フィルター掃除の際は怪我をしないように注意してください。

温風吹出し口のルーバーが変形しないように注意して掃除してください(※変形すると二次被害が出る可能性があります。)

上記内容や取扱説明書も確認し、考えられる原因は確認(対処)した上で、再度エラーが表示される場合は部品故障などの可能性も出てきますので、お使いのメーカーやガス会社に相談をしてみてください。

※製造元がリンナイやノーリツでも、機器のブランドが「大阪ガス」や「東京ガス」などの場合は、メーカーではなくガス会社に連絡する必要があります。

また、エラーの発生有無に関係なく、ガスファンヒーターを使う上では定期的に新鮮な空気に入れ替えるために「1時間に1~2回(1~2分)程度の換気」を行いながらお使いください。

以上、エラーコード14の原因と対処法をご紹介いたしました。


見積もりはとっておきたい!
『キンライサー』

給湯器 おすすめ業者

CMでおなじみのキンライサーは、工事実績100,000件以上で、工事後も安心の10年保証がスタンダード!ノーリツ、リンナイの正規販売代理店です。



安いプロパンガス料金に憧れるなら
『ガス屋の窓口』

プロパンガス,LPガス,ガス代,節約

既に100,000世帯がガス会社を乗り換え済!『たった30秒でお得なガス料金のお見積りをゲット!』高いプロパンガス代を安くするチャンス!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です