浴室乾燥機の電気代は高い?電気代とガス代比較で驚きの結果【コスト編】

浴室乾燥機の電気代

浴室乾燥機は便利だけど電気式は「電気代が高い」、ガス式は「ガス代が高い」というイメージで使わない人が多い。一方で、一度使うと「浴室乾燥機を手放せない」という人もいる。まずは、浴室乾燥機の電気代・ガス代の実態はどうなのか?を浴室暖房乾燥機の商品化にも携わってきた専門家が徹底解説いたします。

この記事はこんな人におすすめ
浴室乾燥機の電気代が高いと思っている、浴室乾燥機のガス代が高いと思っている、電気式とガス式の比較に興味がある、浴室乾燥機があるのに使っていない、浴室乾燥機を使ってみたい、浴室乾燥機の購入検討をしている人など。

解説者:浴室暖房乾燥機の専門家 千田
リンナイ株式会社(Rinnai)を経て、ガス業界や住設業界のマーケティング・分析・情報発信も行うフリーアドバイザー

電気式浴室乾燥機の電気代は4~6万円もかかる?

電気式の浴室乾燥機には大きく「100V仕様」と「200V仕様」があります。200Vの方が一般的に「高性能」となります。

電気 浴室乾燥機

今回はわかりやすく、電気式浴室乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機、ガス式浴室暖房乾燥機を全てパナソニックさんで統一して比較していこうと思います。浴室乾燥機の電気代など、コスト面を中心に解説します。

電気式の浴室乾燥機(パナソニック)の電気代

■型式:FY-13UG7E(100V仕様)、消費電力1250W

・衣類乾燥時間約2時間20分
・電気代約79円

※電気料金:27円kWh(新電力料金目安単価)で計算 ※衣類乾燥条件:衣類3kg

 

■型式:FY-22UG7E(200V仕様)、消費電力2100W

・衣類乾燥時間約2時間
・電気代約114円

※電気料金:27円kWh(新電力料金目安単価)で計算 ※衣類乾燥条件:衣類3kg

ガス式に能力の近い「200V」仕様で「1日2時間」だけ運転した場合

・電気代/日約114円
・電気代/月約3,468円
・電気代/年約41,610円

※電気料金:27円kWh(新電力料金目安単価)で計算 ※衣類乾燥条件:衣類3kg

浴室乾燥機の電気代:約114円×365日=約41,610円

● 電気式浴室乾燥機:1年間の電気代は最低でも4万円以上かかる試算

ただ、独自で使用者にヒアリング(他社製も含む)をする限り、2時間で乾くとは思えないとの声も多く、仕様を詳細に確認してみました。

電気式の仕様書や説明書を確認する限り、浴室サイズ、外気温、湿度、衣類の種類などで乾燥時間が大きく変わりそうです。(※100Vの場合は乾燥時間が約2時間20分~約4時間と倍近くの幅がとられていました。)

つまり、200Vの場合も2時間の運転では完全に乾かないケースがあると推測できるため、仮に3時間以上乾かしたとすると、

● 電気式浴室乾燥機:1年間の電気代は6万円以上かかってくる可能性がある

1ヶ月に5000円、1年で60,000円と考えると毎日使うには抵抗がありそうな金額です。しかし、これだけでは比較のしようがないので、同じパナソニック製のドラム式洗濯乾燥機でも試算してみました。