リンナイの海外向けガスビルトインコンロが2018年度グッドデザイン賞を受賞

ニュース

リンナイ株式会社が「2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)」を受賞しました。

受賞商品は、「RB-2CG、RB-3CGシリーズ」で、アセアン市場向けのガスビルトインコンロです。

海外向けのガスコンロでシンプルな仕様ですが、リンナイの特徴が詰まった一品に仕上がっています。

デザイン

RB-2CG、RB-3CGシリーズはドロップインタイプのビルトインコンロであり、ターゲットが中級・高級住宅向けということで、スッキリとした高級感のあるデザインに仕上がっている印象です。

  • ガラストップ天板でお手入れ性の高いスッキリとしたデザイン
  • デザインのアクセントとなる円筒形のつまみには高級感のある金属を使用

ご存知の方は少ないかもしれませんが、リンナイは海外各地に展開するグローバル企業であり、海外向けのガスコンロのラインナップも多々あります。

名古屋の本社ショールームには海外向け製品の展示などもあるので、機会があれば予約をして見学してみるのもおすすめです。

海外向けもシンプルでスタイリッシュなガスコンロが多く、国内にも展開してほしいと思えるデザインも多いです。

仕様

RB-2CG、RB-3CGシリーズを見てみると、非常にシンプルですが仕様面での大きな特徴は「火力」と「タイマー」でしょう。

  • ダイヤル式で設定しやすい調理タイマー
  • 内炎バーナー(高効率・強化力・極小とろ火)

国内のガスコンロでも人気が高かった「内炎式バーナー」を搭載しており、強火~弱火の幅が広いのが特に大きな特徴と言えそうです。

極小とろ火

バーナーと鍋底の距離があるので、煮込みなどにも最適な「とろ火効果」が実現しています。

強化力・高効率

外から内側に向かってトルネード状に炎が出るので、小さなお鍋でも炎の溢れが少なく、高効率を実現しています。鍋振りをすると炎がついてくるので調理性も抜群です。

MEMO
内炎式は、国内では「Siセンサー化」や「お手入れ性のニーズ」の関係で、今は見かけることもなくなってしまいましたが、調理性を重視するユーザーからは惜しむ声が多々上がっていたリンナイの代名詞の1つです。

 

RB-2CG、RB-3CGシリーズは日本での販売はなく、使用することもできませんが、国内でも皆さんが気づいていないガスコンロのラインナップは意外と多いと思います。

視野を広げていろいろ調べてみると新たな発見があるのではないでしょうか。