お風呂のおいだき機能の後付け工事や費用〈賃貸・マンション・戸建〉

お風呂,追いだき

戸建て、マンション、アパート、賃貸などに関係なく、お風呂の「おいだき機能の後付け」については、一定数の相談があります。

現在、お使いの給湯器は、「キッチン・洗面・シャワー」の給湯だけで、お風呂(浴槽)のお湯は蛇口のお湯でためている状況かと思います。

給湯器の仕組みを簡単に解説

おいだき機能を追加したい場合、一番問題になってくるのが「おいだき配管の増設」です。

「給湯専用機」を「ふろ給湯器」にグレードアップすると、ふろ給湯器の下に「おいだき配管2本(往き・戻り)」の接続口が増えることになります。

給湯器のおいだき配管

給湯配管は、キッチン・洗面・シャワーと元々繋がっているので問題ありませんが、上図の「おいだき配管2本」は、下図の「お風呂の浴槽の循環アダプター」と接続しなければいけません。

お風呂,循環金具

給湯器から伸びてきた2本の「おいだき配管」は、浴槽の裏側で「循環アダプター」と接続され、この2本でお湯をグルグルと循環させることで「おいだき(お湯の沸かし直し)」ができるのです。

現状の「おいだきなし」の場合、配管は下図のような状況です。

ガス給湯器

ガス給湯器

出典:給湯器カタログ(リンナイ)

これを見てわかるように、キッチン・洗面・シャワーの蛇口とは配管が繋がっていますが、お風呂(浴槽)への配管は設置されていないことになります。

「おいだき機能」を追加するには、下図のようなシステムにする必要があります。

ガスふろ給湯器

ふろ給湯器(おいだき付き)

出典:給湯器カタログ(リンナイ)

これを見てわかるように、給湯器と浴槽が2本のおいだき配管(往き・戻り)で繋がれば、お湯を循環させることが可能になります。

おいだき機能の後付け=おいだき配管の増設

ここまでの解説で、「おいだき機能の後付け」には、おいだき配管の後付けが課題であることが理解いただけたと思います。

では、この配管はどこを通していくのかイメージできるでしょうか?

次は、給湯専用機の設置の一例です。

配管は壁の中を通って家の中へと繋がっていることがイメージできるかと思います。

この場合、「おいだき配管」2本を増設しようとする場合、まず壁に穴をあけ、お風呂までの配管を伸ばしていかなくてはいけません。

特に、賃貸やマンションであれば、給湯器とお風呂の距離も遠いケースが多く、大規模リフォームでもしない限り、現実的ではありませんし、何かと制限の多いマンションでは現実的でない場合も多いです。

MEMO
賃貸の場合は、大家さんが給湯器の入れ替え時に「おいだき化」を検討されるケースがあります。入居者さんはいずれにしても勝手に交換はできません。

戸建ての場合は、地中などを通して、配管経路が確保できれば可能な場合もありますが、床をめくったりなど、作業は大掛かりになってしまいます。

給湯器とお風呂の距離が離れているほど、「おいだき化」は、難しくなっていくのが現実です。

おいだき後付けができる場合の費用

これまでの説明でなんとなく察しがついているかもしれませんが、仮に「おいだき後付け」ができるとしても、設置状況や配管経路によって作業や部材は大きく異なるので、見積り金額は憶測でも回答が難しいです。

ハードルが高いイレギュラー案件なので、正直、現場をプロに見てもらって、対応の可否や費用を判断してもらうしかありません。

MEMO
電話の段階で断られるケースも多いと思います。

いずれにしても、給湯器の素取り変えというわけにはいかないので、リフォームなどに合わせて「おいだき化」を検討する方がほとんどではないでしょうか。

どうしても「おいだき機能」が欲しい場合は、見積りは無料でしてくれる業者も多いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。