給湯器のリモコンの基本機能とできること【初心者向け】

給湯器のリモコンの機能解説

給湯器のリモコンで何ができるか」あなたはどこまで知ってるだろうか?初めての一人暮らし、初めてのガス給湯器、これまで台所にしかリモコンがなかった人、給湯器やリモコンの存在を気にしてこなかった人…境遇は様々だと思う。

取扱説明書を見れば全て解決するのだが、今はスマホで検索する時代。そもそも取扱説明書の存在さえ知らない可能性が高いので紹介することにした。今回はガス給湯器でお湯を使う上で最低限知っておけばよい機能だけを紹介する。

この機会に給湯器とリモコンに興味を持ってみよう

まず、少しだけ余談だが、私の実家は都市ガスエリアではなく、LPガス(プロパンガス)だった。社会人になるまでは実家暮らしで「灯油のボイラー」を使っていたが、その当時は「給湯器」や「ボイラー」など「お湯を作る機械」など気にしたこともなく、お湯が出るのが当たり前であった。今、覚えばキッチンでお風呂に入る前に運転スイッチだけ押して「ボーっ」と鳴っていた記憶があるが…、もはやそのレベルだ。

今でこそ給湯器やリモコンの知識は専門家の領域だが、給湯器のメーカーでもあるリンナイ株式会社に入社当時は給湯器の「リモコン」の存在を知らなかった。そして同時に初めての一人暮らしも経験し、1日目の夜は「シャワーから水しか出なかった」ことを覚えている…リモコンのスイッチを入れていなかったからだ。だが無理もない。リモコンの存在を知らなかったのだから。

このような自身の経験もあり、少なからず困っている人もいるだろう。ではここから「ガス給湯器+リモコン」の初心者にベクトルを向けて解説をする。

リモコンが台所リモコン1つの場合

給湯器のメーカーにはリンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスなどいくつかある。そしてリモコンの種類は数えきれないほど存在する。まずはリモコンの場所を確認しよう。するとキッチン周辺にリモコンがあるはずだ。(リモコンなし仕様であれば、蛇口をあければそのままお湯がでるはずだ。)

私の1人暮らし初日の場合は、リモコンが次の写真の状態でお風呂に入っていた。

これでは当然お湯が出ない。完全にOFF状態だ。この場合、リモコンの「運転 入/切」スイッチを押せば液晶画面に温度が表示する。あとは「▲▼」スイッチで適温にすればOKだ。初めて使う場合は初期設定が40℃~41℃程度になっていることが多い。