センサーなしガスコンロはなぜ消えた?センサーの役割と解除方法

ガスコンロのセンサー

Siセンサーコンロ(全口センサー)化されてから、焼き網が使えない、火が小さくなる、火が消えるなどの問い合わせが増えました。また、センサーを解除したい、邪魔なので無効化したい、センサーなしのガスコンロを購入したいなどの声も多々ありました。ここでは、ガスコンロのセンサーについて「できること」「できないこと」や「センサー解除」について改めて解説いたします。

この記事はこんな人におすすめ
ガスコンロのセンサーを不便に感じている人、センサーなしのガスコンロを探している人、センサー解除の方法を知らない人など

なぜ「センサーなし」のガスコンロが消えたのか

2008年にSiセンサーコンロ(全口センサー化)がスタートして、ガスコンロげ原因の火災は着実に減少しています。それ以前もガスコンロの1箇所にはセンサーがついていた機種も多々ありましたが、センサーがついていないバーナーで揚げ物調理、消し忘れなどによる火災が非常に多かったのが実態です。業界もいろいろとガスコンロ火災予防の周知はしていましたが、それでは限界がありました。

火災は自分の家だけでなく、近隣の家に燃え移るリスクも非常に高く、絶対に防がなくてはいけません。そして、2008年10月以降は、全口センサーのガスコンロ以外は、「製造も禁止」「販売も禁止」と法制化されました。つまり、メーカーの決め事というよりは、国の決め事というわけです。

ガスコンロのセンサーなしの仕様についての現実

センサーなしのガスコンロは入手可能ですか?
日本国内で製造・販売は一切禁止されています。メーカー、販売店、量販店なども含め、センサーなしのガスコンロが店頭やネットなどで販売されることはありません。もしも見かけた場合は、法律に違反し、罰則が与えられます。

 

「ガスコンロ=安全センサーが必ずついている」ので、日本に住んでいる限り、センサーなしのガスコンロを購入することは不可能です。

センサーを取り外しても大丈夫ですか?
いくつか個人サイトや動画などで「自己責任によるセンサーの取り外し」が紹介されていますが、絶対に禁止です。法律で禁止されている仕様へと違法改造をするわけですから、火事や事故に繋がっても全て自己責任になります。

 

焼き網が使えない、餅が焼けない、焼きナスができない」などの不便さを何とかしてほしいとの声は何百件と聞いてきましたが、安全が何よりも最優先であり、グリルやフライパンで調理するしか方法はありません。センサー化で不便なことはいくつも出てきますが、自分の家や近隣の家を焼くリスクを考えれば、ユーザーさんの理解と諦めも必要だと考えます。誰もが自分は火事を起こすことがないと思っている中で発生しているのが現実だからです。

少しでも火力大をキープするには

ガスコンロ センサー

ガスコンロの操作部に「センサー解除」「高温炒め」などのスイッチが搭載されている場合、これらのスイッチを長押しすることで、一時的にセンサーの制限を緩くすることができます。

油は火がなくても約370℃付近で自然発火します。センサーはその危険温度になる前に切ることが役割であり、通常は約250℃で消火をする仕組みになっています。ですが、センサー解除をすることで、一時的に290℃まで消火しないようにすることが可能となります。

つまり、ガスコンロのセンサーを完全に無効化するわけではなく、最低限の安全は確保しながら強火の状態をキープしやすくするというイメージです。

長押ししてもセンサー解除にならないという声も

「センサー解除」「高温炒め」は、基本的に「3秒長押し」が必要となります。よく電話や展示会の会場でもユーザーさんに質問をされましたが、ありがちなのが「3秒押せていない」というケースです。

意外に3秒というのは長いようで、スイッチを押して「1・2・3」で離す人が多かったです。押した瞬間に「1」とカウントしてしまう人は、結果的に2秒しか押せていないことになります。

ポイントはスイッチを押して「0・1・2・3」とカウントすれば3秒になります。

ガスコンロのセンサーまとめ

全口センサー化が始まって約10年経ち、センサー関連の問い合わせは落ち着いてはきているものの、未だに声が多いのも事実です。各メーカーもされは十分理解しているので、取扱説明書に可能な範囲で焼き網対策などのアドバイスポイントを記載したりもしています。

センサー化されたことで火災が減ってきているのが事実であり、是非、ユーザーさんの理解をいただきながら安全重視でガスコンロを使っていただければ幸いです。最近ではグリルでできる調理も充実してきているので、グリル活用を意識いただくことで新たな発見が出てくるかもしれません。