ガスふろ給湯器とは 3つの基本機能と交換時のポイント解説

風呂給湯器

ガスふろ給湯器とは、給湯専用機の基本機能にいくつか機能がプラスされた給湯器である。

給湯専用機には、基本的に給水・給湯回路の配管しかないが、ふろ給湯器の場合は「おいだき配管」という2本の専用配管が必要であり、この配管を通って「自動湯はり」や「おいだき」を行う仕組みである。そして、給湯器内部には専用のふろポンプも搭載されている。

今回は、リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスなどで扱われているふろ給湯器の主な機能や特徴をカタログより少し詳しいレベルで解説しよう。

ガスふろ給湯器でできること3つ(基本機能)

1.給湯機能

これは給湯専用機と同様に、キッチン・洗面所・シャワーなどのお湯を作る。そして、風呂給湯器の場合はリモコン設置が基本で、温度調節などもリモコンで設定する。

給湯回路:お水が給湯側の熱交換器で温められてお湯になり、給湯配管を通ってお湯が運ばれ、終着点はキッチンや洗面所、シャワーの蛇口(水栓)となる。

 

2.自動湯はり機能

自動湯はりはリモコンの「自動」や「ふろ自動」スイッチを押すことで、浴槽に設置されて専用の循環金具からお湯が自動的に注湯される仕組みだ。

湯はり回路:自動湯はりも給湯と同様に「給湯側の熱交換器」で温められてお湯になるのだが、通ってくるのは専用のおいだき配管(2本)であり、終着点は浴槽の循環金具となる。

そして、ふろ給湯器は「フルオート」と「オート」という2種類のタイプがある。

フルオート(全自動):浴槽の形状を記憶して、設定した水位まで自動お湯はりをしてくれる。かけ湯などでお湯が減ると自動で設定水位にたし湯してくれる高機能タイプ。
オート(自動):設定したお湯の量だけ自動でお湯はりしてくれる。減ったお湯は「たし湯スイッチ」で手動でたせるスタンダードタイプ