パナソニックだけじゃない!リンナイの食器洗い乾燥機(食洗機)とは

キッチンでは標準的な設備となってきた「食器洗い乾燥機」のメーカーをご存知でしょうか?。食洗機といえば「パナソニック」は多くの人が知っていると思いますが、実はリンナイでもかなり多くのラインナップを展開しています。そして、新築や買い替えでも多く取り扱われています。今回は、リンナイの食洗機を知らない人のために大きなポイントだけで解説します。今から4分でお買い物の選択肢が広がるかもしれません。

この記事はこんな人におすすめ
使ったことはないが食器洗い乾燥機に興味がある、食器洗い乾燥機の交換を検討している、電気メーカーの食洗機しか知らない、食洗機のラインナップを知りたい、エコな食洗機を知りたい人など

リンナイの食器洗い乾燥機は大きく2つ

1.フロントオープンタイプ


フロントオープンタイプは、扉が90度手前にパタンと倒れて、上下の2段カゴが出てくるタイプの食器洗い乾燥機です。

食器洗い乾燥機(食洗機)

大皿やフライパンなどの調理器具も入る大容量が特徴的です。ラインナップは1機種のみでシルバーかブラックのカラーが選べます。また、オプションの化粧パネルを購入すれば、ホワイトやピンクなどにもカラー変更が可能です。以前にフロントオープンを使っていた人はまず候補にあがる商品です。

2.スライドオープンタイプ


スライドオープンタイプは引き出しタイプ(手前にスライド)です。フロントオープンは上から下まで食洗機ですが、スライドオープンの場合は下部分はキッチンの収納になっていることが多いです。

食器洗い乾燥機(食洗機)のスライドオープン

スライドタイプには複数のラインナップがあり、最近ではこちらのタイプの方が馴染みがあるかと思います。

リンナイの食洗機の特徴

まず、食器洗い乾燥機のフロントオープンは国内の製品ではリンナイだけというのが一番の強みでもあります。以前はフロントオープンが主流の時期もあり、今は取替時期に入っています。フロントオープンからスライドにすると容量がかなり小さくなってしまうので、パナソニックのディープタイプ(深型)かリンナイのフロントオープンかという感じです。

また、スライドオープンでもリンナイ独自の強みがあります。

  1. 重曹で洗浄ができる「重曹モード」を搭載して「エコ」も取り入れた食洗機がラインナップされている
  2. 提携しているシャープのプラズマクラスターを搭載し、「庫内のニオイ対策」も配慮した食洗機がラインナップされている

食洗機というと「家電」、あるいは「パナソニック」というイメージがかなり強いようですが、リンナイの食洗機を知らなかった人は、まず存在を知っていただけたかと思います。知らないと選ぶこともできませんが、情報を知っていると選択肢が広がります。

一言で食洗機といっても、いろいろな種類や機能があるので、是非各ご家庭にあったコンセプトの商品を選んでもらえればと思います。